アイチャッチ

ごあいさつ

平成元年、企業の基幹業務システム受託開発を主業務とする会社として、株式会社情報システム設計を設立いたしました。 以来27年に渡って、一部上場企業数社をはじめ中堅中小企業数十社の基幹業務システムを開発してまいりました。 企業の基幹業務システムを受託開発するということは、大変責任の重い仕事と認識しています。 その認識のもと、弊社では、常に一業種一お客様に限定し、同業他社との企業競争に勝てるシステム創りをお客様と共に目指しています。

 勝てるシステムを実現するには、まず企業の業務と業界を徹底的に分析・理解し、パッケージではできない貴社の業務ノウハウの中でコンピュータの能力を十分活用できる部分を中心にシステム設計することが重要です。 その上で、まず必要な機能を使いやすく創り、シンプルで分かりやすいものを最高のパフォーマンスでお客様に提供し、 目標を達成します。変化があった場合は必要に応じて開発者中心に機敏に対応します。

この弊社のオーダーメイドシステムと、パッケージとを比べてみると、その差は明らかです。 パッケージは万人の要求に応えるべく多種多様な機能が付けられています。 その上、それらを理解するために厚いマニュアルを読みこなさなくてはなりません。 いざ動かしてみると、どうしても業務に合わないところが出てきて次々にカスタマイズを余儀なくされることも多々あるように見受けます。

弊社のオーダーメイドシステムは、少数精鋭で十分に経験を積んだ熟練者のみが開発しています。 マイクロソフトからも認定ゴールドパートナーとしてシステム設計力、開発力、保守サポート力が認められています。 これらの最新の技術を使ってハードウェア・ソフトウェア・ネットワーク等システム全体を弊社で責任を持ってご提供し、管理育成します。 新しい機能が必要になった時にも直ぐに対応が可能です。 完成後も、お客様、設計者、開発者の3者が一体となって、システムを更に良いものに育てていきます。 これこそが、弊社の理想とするシステム開発の形です。

最後に、頼りになるコンピュータシステムを通じてお客様と末永くWin-Winのお付き合いできることを願っています。